タグ:LUMIX DMC-G1 ( 6 ) タグの人気記事

2008年 12月 18日
フクロウの木
いい加減に忘年会から開放して欲しい今日この頃です、、、、。

当然撮影などできてないので在庫から。
フクロウの巣がある木の全景です。
撮影場所は、沢を挟んだ対岸の斜面です。
35mm換算で90mmの絵ですから、肉眼ではこれより小さいわけです。

b0151038_21371184.jpg

LUMIX DMC-G1 + LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
45mm : 1/60 : F8.0 : ISO250 : -0.7EV


撮影が可能な場所は非常に狭くて、巣との間に多くの枝が張り出してますので、自ずと構図が限られます。
ネット上にここの写真は結構掲示されてますが、どれも似たようになるわけですね。

にもかかわらず、また行ってみたいと思うのです。
不思議です(笑)
[PR]

by hissoripapa | 2008-12-18 21:45 |
2008年 12月 12日
忘年会シーズン来る!
今年も残すところ半月あまり。
この時期になると、世の中は忘年会シーズンらしい。
だからという訳ではないが、ビールの歴史博物館へ!

もう、これは工芸品か芸術の域ですな。

b0151038_0111036.jpg

LUMIX DMC-G1 + LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
27mm : 1/15 : F5.6 : ISO400 : -1.7EV


恐ろしいほど手振れ知らず(笑)
これは手振れ補正もさることながら、ミラーレスがポイントかもしれない。
昔のレンジファインダーカメラはブレにくかったとの話を良く聞くが、
どちらもミラーアップの衝撃が無いことがブレの無い絵の秘密のような気がする。
[PR]

by hissoripapa | 2008-12-12 00:17 | スナップ
2008年 12月 10日
高層マンションのある風景
札幌の中心部はこの数年高層マンションの建設ラッシュが続いたのである。
地上高も高いが、価格も高いのである。

ところが、さすがに最近は売れ残りが目立つようだ。
中心部の空き地は、マンション建設を見送って、コインパーキング化がブームらしい。
最近、景気の良い話はとんと聞いていない、、、、。

b0151038_2316496.jpg

LUMIX DMC-G1 + LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
14mm : 1/250 : F7.1 : ISO100 : -0.7EV


DMC-G1は購入以来、常に持ち歩いている。
もっとも、撮影のチャンスは通勤時(今の季節だと朝だけ)に限られている。
だから、大して活躍の場があるわけではない。

このレンズは非常にコンパクトで頼りないくらい軽くできている。
しかし、なかなか侮れない絵を吐き出すと思う。
線が細くて、精緻な印象。
何よりも広角側の歪曲が圧倒的に少ない。

レンズはこれ一本きりだから迷わなくていい。
とは言うものの、レンズ選択はある程度できるように早くなって欲しいものだ。
待ちきれなくて、フォーサーズを買ってしまいそうで、、、、。
そうなると、Nikonも含めて今後のシステムの方向性を狂わせてしまいそうだ(笑)
[PR]

by hissoripapa | 2008-12-10 23:30 | 風景
2008年 12月 03日
光の差し込む廊下にて
優しく光の差し込む廊下。

長い年月に磨きこまれた美しい木目の文様が、
スポットライトを浴びたように浮かび上がっていた。

b0151038_1955817.jpg

LUMIX DMC-G1 + LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
19mm : 1/250 : F6.3 : ISO125 : -0.7EV


明暗差の激しい被写体で、光と影のコントラストを見せるような絵を狙った。
この場合、前ダイヤルだけで露出補正と絞りを変更ができるG1の仕様は秀逸だ。
つまり、前ダイヤルには回転だけではなく、押し下げるスイッチ機能がついているのでモードの切り替えができるわけだ。
その効果を液晶ファインダーで直接確認しつつ、目を離さずに組み合わせを試せるわけだ。
これは他社もぜひ真似して欲しいところだ。
[PR]

by hissoripapa | 2008-12-03 20:13 | スナップ
2008年 12月 01日
雪と青空
雪雲に覆われる北国の冬でも、たまには気持ちよく晴れるのである。
そんな日に、新しいカメラを持って撮影に行けるってことは、
ただ、それだけで本当に気持ちの良いことなのである。

b0151038_23184239.jpg

LUMIX DMC-G1 + LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
33mm : 1/320 : F9 : ISO100 : -0.7EV
階調表現の豊かな空の描写。
ただし、これは現像ソフトのパラメーターに依存したところが大きい。


b0151038_23212693.jpg

45mm : 1/160 : F8 : ISO100 : -1.0EV
雪は空の青をかぶりやすい。現像時に修正しようと思いつつ、なぜかそのまま(笑)
なお、G1は基本が4:3の画角である。一枚目の写真はは6:4にトリミングしている。


b0151038_2325255.jpg

14mm : 1/500 : F3.5 : ISO100 : -1.0EV
絞り開放で、これだけシャープな解像感なら自分的にはok。

G1の絵作りは、総じてあっさり目。
クールで透明感が高い。
NIKONのコッテリ感とは対極にあるようだ。
それぞれに味があると思うし、使い分けができたら最高だと思う。

来年にリリースがアナウンスされているレンズは20mmF1.7、7-14mmF4、14-140mmF4.0-5.6OISの3本。
とりあえず、パンケーキの単焦点は逝くとして(笑)、広角ズームも買いそうな予感がする。
あとは他人にレンズを向けられる度胸があれば、私もスナッパーになれそうだ(笑)
[PR]

by hissoripapa | 2008-12-01 23:43 | 風景
2008年 11月 30日
「トヨタ パブリカ デラックス」 で LUMIX
発売が昭和30年代である。
フォルクスワーゲンのビートルのような国民車を志して設計されたそうだ。
パブリカはPublicからとったものらしい。
エンジンは700cc、28馬力。
ちゃんと100kmで走れたというから恐れ入る。

b0151038_2252154.jpg

LUMIX DMC-G1 + LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
14mm : 1/30 : F3.5 : ISO100


この時代のキッチュなデザインは、なぜか嫌いじゃない。
b0151038_22373662.jpg

14mm : 1/30 : F4 : ISO200

More (さて、G1の試写である。)
[PR]

by hissoripapa | 2008-11-30 23:32 | スナップ