カテゴリ:機材( 3 )

2009年 01月 14日
いたるところに沼がある
レンズ沼とは良く言ったものだ。
私なんぞ軽症のほうだと自分で自分を慰めている(笑)

ところがカメラバックはかなり症状が悪化しているようだ。

というわけで、6個目のカメラバックがこれ、、、、、。
b0151038_0423032.jpg

言わずと知れた「Domke F-3XB」である。
Domkeといえばキャンバス地が王道であろうが、あえてバリステックタイプを選んでみた。

Domkeのバックはクッションなどは必要最低限しか入っていない。
プロテクション能力よりも、運びやすさや取り出しやすさを最優先に作られている。
だから、見かけよりも信じられないくらい機材が入る。
b0151038_031515.jpg

ざっくりと言うならば、レンズ付のデジ一1台+レンズ3本+ストロボ+小物多数は確実に入る。
レンズ付きD300+レンズ付きD700+レンズ2本+ストロボ+小物も中央の気室だけで収容できた。
どうやって入れるとたくさん入るのかと考えているとパズルを解いているように楽しい(笑)

すごく気に入ってしまったので、今後はこれがメインバックになりそうだ。

唯一の欠点は、日本での価格が高すぎることだ。
米国現地では120ドル程度のものが、定価3万とか、、、、ありえない。
幸いにして円高差益で小遣い稼ぎなのか、個人輸入のヤフオク販売が増えている。
今ならこれで購入するのがお得かも。
[PR]

by hissoripapa | 2009-01-14 00:49 | 機材
2008年 12月 30日
理想のファインダーとは?
ボディを買うと必ず手を入れたくなるのがファインダーである。
眼鏡をはずせない私にとってファインダーは常に悩みの種なのである。

D300にはオリンパスのアイカップME-1を装着して1.2倍に拡大して使っていたわけだが、
フルサイズの広大なファインダー画像では、これ以上倍率を上げる必要性を感じなかった。
とはいうものの、そのままでは面白くない(笑)ので、接眼目当てをDK-19に交換である。
b0151038_23275818.jpg

D300 + AF-S Micro 60mm F2.8G ED : 1/60 : F4.0 : ISO200 : -0.7EV : ストロボ発光

実は、利き眼が左目の私は、親指AF時に右の眼鏡と親指が接触して、眼鏡の油脂汚れに悩まされていた。
が、DK-19で眼の位置が固定され、接触もほぼ解消してしまったのはとても嬉しい。


ちなみにD300のほうもこんな感じに変身。
b0151038_233110100.jpg

D700 + AF-S Micro 60mm F2.8G ED : 1/60 : F3.2 : ISO200 : -1.0EV : ストロボ発光

以前から使用していたオリンパスのME-1のゴム部分を剥がし、EP-2(E-1用のアイカップ)のゴム部分と交換した。
こちらはDK-19と比べるとゴムが硬めでケラレはある。
が、眼鏡と親指の距離を保てるので、しばらくはこれで行ってみるつもりである。
[PR]

by hissoripapa | 2008-12-30 23:45 | 機材
2008年 11月 29日
久しぶりの買い物
しばらくぶりの機材購入。

スナップカメラが欲しくって、いろいろと考えていたところ、、、、。
(D40でもいいんじゃないの!ってご指摘は無しでお願いします、、、、、w)

まるで計ったように発売になったマイクロフォーサーズ。
当方は、こういうガジェット感に滅法弱いのである。

もっとも、以前からフォーサーズには興味があったのだけれども、さすがにWマウント体制は経済的にきついので見送っていたのだ。
そこで、マイクロフォーサーズなら売ってるレンズもまだ無いし、完全なサブとしてならこっちのほうがいいかなと、、、、

b0151038_13312844.jpg

D300 + AF-S Micro 60mm F2.8G ED : 1/60 : F8 : ISO200

で、とにかく軽い。
AFがとても早い。
液晶ファインダーでM/Fができる!
いや、D300よりM/Fしやすいかも(笑)
これは画期的なカメラかもしれない、、、、。

b0151038_14192152.jpg

i>D300 + AF-S Micro 60mm F2.8G ED : 1/60 : F9 : ISO200

というわけで、かなりインパクト大きいのである。
(実写レポートは次回に)
[PR]

by hissoripapa | 2008-11-29 13:46 | 機材