カテゴリ:風景( 21 )

2009年 04月 27日
雪解けの森にて Part4 : 記憶の断片
雪解けのシーズンはそろそろ終わり。
本格的な春の訪れを前に記憶の記録を。

「残雪にフキノトウ」
b0151038_23264155.jpg

D700 + Ai AF Z-Nikkor 24-85mm F2.8-4D : 1/640 : F8.0 : ISO200 : -0.7EV



「朽ちた木道」
b0151038_232715100.jpg

D700 + AF-S VR Micro 105mm F2.8G ED : 1/400 : F5.6 : ISO200 : -0.7EV



「芽吹き」
b0151038_23272979.jpg

D700 + AF-S VR Zoom Nikkor 70-300mm F4.5-5.6G: 1/1250 : F6.3 : ISO800 : -0.7EV

ゴールデンウィークも間近に迫ってきた。
桜の開花ももう少し。
北海道も花の季節がやってくる。
美しい場面に出会い、少しでも写真として残せますように。
[PR]

by hissoripapa | 2009-04-27 23:39 | 風景
2009年 04月 07日
春の海 : 積丹
高速道路千円につられて、ちょっと遠出をしてみた。
札幌から高速で小樽へ。
その先の古平の美味しい寿司屋で昼飯。
アワビやら雲丹やらでお腹を満たして、さらに一走り。
そこは、並外れた透明度を誇る積丹の海である。

海鳥の楽園となっている海岸を撮影しながら散策。
まだまだ風は肌寒い。

b0151038_14525963.jpg

Nikon F3 + Ai Nikkor 105mm/F2.5

海岸を見下ろす小高い丘の上に小さな灯台があった。
ちょっと急な坂を登らされて、翌日は筋肉痛気味、、、(笑)

b0151038_14551220.jpg

Nikon F3 + Ai-s Nikkor 50mm/F1.8
風は冷たかったが、春めいた日差しを浴びて、本当に気持ちの良い一日であった。

More (F3とレンズのその後、、、)
[PR]

by hissoripapa | 2009-04-07 15:16 | 風景
2009年 03月 21日
鉄の塊 : 百年記念塔
野幌にある百年記念塔である。

その名の通り、北海道開拓百年を記念して昭和45年に建てられたものである。
よって、高さは100m。(笑)
なにやら錆びない特殊な鉄「耐候性高張鋼板」でできているそうだ。


b0151038_2322532.jpg


本当に唯のモニュメントで、何の機能も無い塔なのだが、その存在感はすごいものがある。
当時のお金で5億円が費やされたそうだ。
さすがに、今となってはバブリーな話だ。

b0151038_2333271.jpg


b0151038_234535.jpg


b0151038_2353163.jpg

4枚とも Nikon F3 + Ai Nikkor 35mm/F2S

また、レンズを入手(笑)

相変わらずフィルムスキャンに苦しんでいる。
1枚目はトーンが飛んでしまい、強烈に補正をかけた物だからノイズが乗ってひどい、、、。
2,3、4枚目はなんとか合格点か。
[PR]

by hissoripapa | 2009-03-21 23:05 | 風景
2009年 03月 15日
冬の空 : 石狩海岸
私は、海か山かと聞かれたら、間違いなく山派なのだ。
ましてや、真冬に海岸など考えられない快挙だ。



強風の曇り空。
時々申し訳程度に青空が顔を出す。

雪が全てを覆い隠す季節も、あと少しで終わりを迎えるのだ。

b0151038_21132077.jpg

D700 + AF-S NIKKOR 50mm F1.4G : 1/500 : F9.0 : ISO200 : +-0.0EV



b0151038_21285369.jpg

D700 + AF-S NIKKOR 50mm F1.4G : 1/4000 : F3.5 : ISO200 : +-0.0EV
[PR]

by hissoripapa | 2009-03-15 21:29 | 風景
2009年 03月 01日
青空は広角レンズで!
快晴の日曜日。
本当に、本当に久しぶり。

冬の青空は、
純白の雪とのコントラストが美しいのだけれども、
今年は、撮影可能なタイミングで晴れてくれることがほとんど無かった。

これからは気温も上がり、地上の雪も汚れが目立つだろう。
今シーズン、これが最後かもしれないなぁ、、、、、



b0151038_22222523.jpg

D700 + Ai AF Z-Nikkor 24-85mm F2.8-4D : 1/1600 : F8.0 : ISO200 : +-0.0EV



b0151038_22224211.jpg

D700 + Ai AF Z-Nikkor 24-85mm F2.8-4D : 1/1250 : F8.0 : ISO200 : +-0.0EV



b0151038_22225974.jpg

D700 + Ai AF Z-Nikkor 24-85mm F2.8-4D : 1/1600 : F8.0 : ISO200 : -0.3EV


今日は、広角端しか使ってない、、、、
そう言えばコシナフォクトレンダーの20mmパンケーキがそろそろ発売か、、、、、(笑)
[PR]

by hissoripapa | 2009-03-01 22:35 | 風景
2009年 01月 31日
フィルターの練習? : ガラス工芸館
レンガ造りの趣のある建物である。
現在はガラス工芸作家の工房として使われている。

本当に気持ちの良い青空の日に撮影できたので、カラーで出そうと思っていたもの。
結局フィルターの練習素材となり、モノクロ化、、、、、。

b0151038_22433310.jpg

D700 + Ai AF Z-Nikkor 24-85mm F2.8-4D : 1/400 : F11.0 : ISO200 : -0.3EV

モノクロ化のフィルターは幾通りかあるのだが、一番ナチュラルな感じのフィルターで。

それなりに全部試すには30日の試用期間も決して長くはないようだ、、、(笑)
[PR]

by hissoripapa | 2009-01-31 23:00 | 風景
2009年 01月 07日
冬空の太陽
今週末の三連休も天気予報は雪。
スカッと晴れた青空を最後に見たのはいつだったっけ?

曇り空の寒い一日、束の間の晴れ間。
5分後には吹雪になっていた、、、。

b0151038_22115768.jpg

D700 + AF-S NIKKOR 50mm F1.4G : 1/4000 : F8.0 : ISO200 : -0.3EV

この程度の直射光でも、ゴーストが出る気配は無い。
さすがは最新設計ということか。

でも、本当に褒めたいのは、その大きさ。
Dタイプより大きくはなったが、まだ許せるレベル。
デジタル時代の高い要求レベルだから、いたしかたないところ。
シグマとの比較で、そこが決定のポイントだった。

今後の広角系単焦点リニューアルも、フィルター径58mmで統一されるものと信じる!
違ったら、怒るよ(笑)
[PR]

by hissoripapa | 2009-01-07 22:29 | 風景
2008年 12月 29日
夜の煙突で試し撮り
夜景撮影がどうにもうまくいかない。
よって、新兵器投入である。

高感度最強カメラと最強に明るいレンズ。

あとは腕だけ、、、、、(涙)

b0151038_22501065.jpg

D700 + AF-S NIKKOR 50mm F1.4G : 1/30 : F4.5 : ISO2200 : -0.3EV

手持ちの絞り優先オートでなんとかなってしまうところがすごい。
b0151038_2254150.jpg

D700 + AF-S NIKKOR 50mm F1.4G : 1/30 : F3.5 : ISO1250 : -0.7EV

More
[PR]

by hissoripapa | 2008-12-29 23:08 | 風景
2008年 12月 12日
街灯のある風景
先月の在庫から。
見事に紅葉した蔦壁。
昨日、同じ場所に行ったら、葉は全て落ちてレンガ壁がむき出しであった。
季節の移ろいに、撮影が追いついていない、、、、(笑)

b0151038_226486.jpg

D40 + AF-S DX ED 18-55mm F3.5-5.6G : 23mm : 1/100 : F8 : ISO200 : -0.7EV
[PR]

by hissoripapa | 2008-12-12 22:12 | 風景
2008年 12月 10日
高層マンションのある風景
札幌の中心部はこの数年高層マンションの建設ラッシュが続いたのである。
地上高も高いが、価格も高いのである。

ところが、さすがに最近は売れ残りが目立つようだ。
中心部の空き地は、マンション建設を見送って、コインパーキング化がブームらしい。
最近、景気の良い話はとんと聞いていない、、、、。

b0151038_2316496.jpg

LUMIX DMC-G1 + LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
14mm : 1/250 : F7.1 : ISO100 : -0.7EV


DMC-G1は購入以来、常に持ち歩いている。
もっとも、撮影のチャンスは通勤時(今の季節だと朝だけ)に限られている。
だから、大して活躍の場があるわけではない。

このレンズは非常にコンパクトで頼りないくらい軽くできている。
しかし、なかなか侮れない絵を吐き出すと思う。
線が細くて、精緻な印象。
何よりも広角側の歪曲が圧倒的に少ない。

レンズはこれ一本きりだから迷わなくていい。
とは言うものの、レンズ選択はある程度できるように早くなって欲しいものだ。
待ちきれなくて、フォーサーズを買ってしまいそうで、、、、。
そうなると、Nikonも含めて今後のシステムの方向性を狂わせてしまいそうだ(笑)
[PR]

by hissoripapa | 2008-12-10 23:30 | 風景