カテゴリ:花( 45 )

2009年 05月 02日
エゾリスの森で Part2 : エゾエンゴサク
本日は、花のほうにスポットを当ててみる。

エゾエンゴサクは北海道の早春を代表する花である。
漢字では、「蝦夷延胡索」と書く。
中国ではこの塊茎を漢方薬の原料としているそうだ。
b0151038_7461535.jpg

D700 + AF-S VR Micro 105mm F2.8G ED : 1/320 : F8 : ISO800 : -0.7EV


その複雑な姿もさることながら、微妙な色彩のバリエーションもまた興味深い。
ちなみにこれ食べられるらしい!
b0151038_7471521.jpg

D700 + AF-S VR Micro 105mm F2.8G ED : 1/200 : F8 : ISO200 : -0.7EV


林のなかに群落を作って咲く姿は、まさに花の絨毯。
b0151038_748298.jpg

D700 + AF-S VR Zoom Nikkor 70-300mm F4.5-5.6G: 1/500 : F5.6 : ISO200 : -0.3EV

本当の見ごろは一週間ほど前であったようだ。
b0151038_7563913.jpg

D700 + AF-S VR Zoom Nikkor 70-300mm F4.5-5.6G: 1/1250 : F5.6 : ISO400 : -0.7EV

来年は本当のピークを逃さずに撮影に行こうと思う。
それと望遠レンズは忘れずに!(笑)
[PR]

by hissoripapa | 2009-05-02 08:03 |
2009年 04月 29日
エゾリスの森で : エゾエンゴサク
札幌から高速を飛ばして小一時間。
広大な田園地帯の一角にある小さな森がある。

この森には一匹のエゾリスが住み着いている。
人馴れした固体のようで、いつの季節もカメラマンたちのアイドルだ。

今は、エゾエンゴサクとカタクリが花の絨毯となる季節だ。
最高の舞台で、フォトジェニックなアイドルとしばし遊んでいただいた。

b0151038_19573756.jpg

D700 + AF-S VR Zoom Nikkor 70-300mm F4.5-5.6G : 1/640 : F8.0 : ISO400 : -0.7EV


b0151038_19581443.jpg

D700 + AF-S VR Zoom Nikkor 70-300mm F4.5-5.6G : 1/640 : F8.0 : ISO400 : -0.7EV


b0151038_1959171.jpg

D700 + AF-S VR Zoom Nikkor 70-300mm F4.5-5.6G : 1/1000 : F6.3 : ISO400 : -0.7EV


現地には大型の三脚に大砲を据え付けたカメラマン達がずらり!
お気楽な300mmのズームではちょっと距離的に辛いものがあった。
最低でも500mmmは欲しいところだ。
もう数日で花の絨毯も消えてしまうそうだから、来年の宿題が残ったと言うことかな、、、(笑)
[PR]

by hissoripapa | 2009-04-29 20:08 |
2009年 04月 25日
温室に春を求めて : 赤い花
少しずつではあるが春めいてきたとは言うものの、まだ日陰にはところどころ残雪もある札幌。
しかしながら、いつもの温室は正に春満開といったところであった。


b0151038_7522773.jpg

D700 + Ai AF Z-Nikkor 24-85mm F2.8-4D : 1/500 : F8.0 : ISO200 : -0.7EV

まずはチョコレートコスモス。
b0151038_7525532.jpg

D700 + AF-S VR Micro 105mm F2.8G ED : 1/500 : F5.0 : ISO200 : -0.3EV

そして、ワラタ。
オーストラリア原産の花。アボリジニの言葉で「赤い花の木」
b0151038_7531145.jpg

D700 + AF-S VR Micro 105mm F2.8G ED : 1/100 : F8.0 : ISO200 : -0.7EV

ちょっとBLOG更新サボリ気味、、、、、。
今月は月初から色々あって撮影もままならなかった。

まずは、急遽車の買い替えを決めたため、ディーラー通いが続いたこと。
(連休中に納車、楽しみ♪)
新たなヘルニア治療を薦められて通い始めたこと。
(スパイラルテープ、これはびっくり効いてます!)
もう一つの持病(慢性膵炎)が悪化して検査が続いたこと。
(来月あたり入院かな、、、)

といったわけで、まだまだ不安定な不定期更新が続く予定なのです、、、、、(泣)
[PR]

by hissoripapa | 2009-04-25 22:23 |
2009年 04月 15日
雪解けの森にて Part2 : 福寿草
雪解けの季節、森に最初に現れる花といえばこれである。
可憐な黄色の花が、やっと顔を出した早春の地面からポツポツと咲いてくるのだ。
さあ、これからが撮影シーズン。
昨年撮り逃した花達も、今年はしっかり撮影したいものだ。

b0151038_20411299.jpg

D700 + AF-S VR Micro 105mm F2.8G ED : 1/4000 : F3.0 : ISO200 : -0.7EV
[PR]

by hissoripapa | 2009-04-15 20:43 |
2009年 04月 11日
雪解けの森にて : ふきのとう
急激に暖かくなったので、いつもの森に春を探しに出かけたのである。
早春の森は、例年通りの花が例年通りの順番で咲いているようだ。

今年初物の「ふきのとう」。
珍しくも何とも無いけど、毎年必ず再開できるのってのが何より嬉しいのだ。

b0151038_2148829.jpg

D700 + AF-S VR Zoom Nikkor 70-300mm F4.5-5.6G: 1/5000 : F8.0 : ISO1600 : -0.7EV

気軽に森を散歩するためには、やっぱり軽量の望遠ズームが欲しい。
ということで、定番のVR70-300である。
以前から買おう買おうと思いながら、つい後回しになっていたのだ。
こいつとマクロ1本持っていけば、森に入るのがうんと楽しいのである。
[PR]

by hissoripapa | 2009-04-11 21:59 |
2009年 04月 05日
試し撮り : ガーベラ
購入したのはいいが、さっぱり撮影時間が取れなかった。
105mm F2.8Gである。
もう、これでマクロは打ち止めにしよう(笑)

いつも悩まされる赤の発色。
再現性を重視して、彩度を押さえ目。

b0151038_22191930.jpg

D700 + AF-S VR Micro 105mm F2.8G ED : 1/200 : F11 : ISO200 : -0.3EV

短時間の試用で掴みきれてないところが多いのだが、マクロ域でのVRは思いのほか具合がいい。
三脚を使えない温室などでは、特にありがたい。
シームレスにMFが使えるところは、やっぱり良い。

b0151038_2230561.jpg

D700 + AF-S VR Micro 105mm F2.8G ED : 1/400 : F5.6 : ISO200 : -0.3EV

抜けの良さと素直な発色は純正ならでは。
ほぼ撮って出しの絵でも、解像感はさすがに凄い。

こいつを持って、雪解けの始まった森に行くのが楽しみである。
[PR]

by hissoripapa | 2009-04-05 22:37 |
2009年 03月 22日
夕日色の蘭 : ソフロレリア
Sophrolaelia Santa Barbara Sunset 'Showtime'
ソフロレリア サンタバーバラ サンセット ショータイム
とっても長い名前だ(笑)
ラン展の大賞作品であった。

蘭は本当に多種多様で美しいと思うが、この花弁の色には驚いた。
まさに夕日の色。
パステルピンクとイエローのハーモニー。
そのグラデーションが中心部のパープルに吸い込まれていくようだ。

写真も良いが、実物を手にできたら、、、、なんてね(笑)

b0151038_20143463.jpg

D700 + SP AF 90mm/F2.8 MACRO : 1/80 : F3.5 : ISO200 : -0.7EV
[PR]

by hissoripapa | 2009-03-22 20:16 |
2009年 03月 20日
洋蘭展にて : バルボフィラム
久しぶりのデジタル花マクロである。

洋蘭展で咲いていたバルボフィラム属の一種である。
この属の特徴は品種によってその形態が大きく異なることである。
1000種を超えると言われる品種があるそうだが、本当に珍奇なものが多い。

b0151038_21333176.jpg

D700 + SP AF 90mm/F2.8 MACRO : 1/60 : F8.0 : ISO3200 : -0.3EV

デジタルにしろ、フィルムにしろ、フルサイズのマクロ撮影で、急激に使用頻度が上がっているのが
タムロンの90mmマクロだ。
比較的ワーキングディスタンスが短めになる温室での撮影には最適だからだ。
ちょっとコッテリ目の描写も、なかなか味がある。

外は猛吹雪で、温室内も十分な光を得られなかった。
手持ちで最低限のSSを確保するために、気がついたらISO3200まであがっていた。
自分的には、まったく不満の無いノイズレベルだ。
[PR]

by hissoripapa | 2009-03-20 21:41 |
2009年 03月 09日
フィルムのチューリップ
2月22日のエントリーがデジカメのチューリップであった。
今回のエントリーは、その際同時に撮影したフィルムのチューリップである。
前回は純正60mm、今回のはタムロン90mmであるが、構図などはほとんど同じである。

まあ、デジタル・フィルムそれぞれの味わいの違いみたいなものは感じるところではある。
だが、敢えて両方を撮り比べるほどの意味が見出せたかというと???である(笑)

b0151038_2333151.jpg

Nikon F3 + SP AF 90mm/F2.8 MACRO

ちなみにこの写真は Kodakの最新のフィルム、Ektor100で撮ったもの。
札幌で現像に出すとKodakのラボ送りで1週間ほどかかる。
もう、待ちくたびれて何を撮ったものか忘れてしまいそうだ、、、(笑)
現像が上がってきてからも、スキャンとレタッチに膨大な労力が、、、、

短気な私には、デジタルが向いているのかな?(笑)
[PR]

by hissoripapa | 2009-03-09 23:00 |
2009年 02月 24日
なんで2月にクリスマス? : クリスマスローズ
今週はいつもの温室で「クリスマスローズ展」が開かれている。
2月の後半になろうと言うこの時期になんでクリスマス?と思った私は、
いつものようにGoogleで検索したわけである。

本来のクリスマスローズは学名:Helleborus nigerを指す。
この種は名前の通り12月にバラに似た花を咲かすのである。
しかし、園芸品種としての一般名称クリスマスローズとは、レンテンローズ(学名:Helleborus orientalis)なのだそうだ。
レンテンとはキリスト教のレント(受難節、イースターまでの40日間、季節で言うと2月頃から3月頃まで)のことである。
よって、クリスマスローズ展はこの時期に開かれると言うわけだ。
また一つ、役に立たない知識を身に付けた訳である(笑)

b0151038_23295317.jpg

D700 + AF-S Micro 60mm F2.8G ED : 1/80 : F5.6 : ISO200 : -0.3EV



b0151038_23301064.jpg

D700 + AF-S Micro 60mm F2.8G ED : 1/250 : F6.3 : ISO200 : -0.3EV



b0151038_23302640.jpg

D700 + AF-S Micro 60mm F2.8G ED : 1/200 : F8.0 : ISO200 : -0.3EV

たまにはきっちりと絞り込んで撮ってみよう!ってのが今回のテーマである。
F8とか、自分的にはあり得ない絞りだ(笑)
[PR]

by hissoripapa | 2009-02-24 23:36 |